3つの「債務整理 (任意整理・個人再生・自己破産)」のうち貴方に合うのは?

大きな借金を抱えて、その処置に法律事務所に相談に来る人は、単純に「自己破産」のイメージをもって来ることが少なからずいるようです。

そういう人に「あなたの場合は、自己破産なんてしなくても借金を整理できますよ!」とアドバイスしてあげると、一瞬びっくりしたような表情をして「自己破産せずに、借金を整理することができるのですか?」と驚いて、すぐに安心した表情に変わるといわれています。

3つの債務整理の違い特徴

債務整理は「自己破産」のほかに「任意整理」「個人再生」というやり方があるのです。

それぞれの大まかな内容は借金苦に諦めるのではなく借金を整理する考えを持ってください!

を参照してください。

ここでは、簡単にこの3つの方法の違い、特徴を見てみます。

〇任意整理・・・・・・裁判所が介入することなく、債権者と債務者の当事者間の私的な話し合いでこれからの返済額を決めて原則3年で分割払いを進めていきます。元本自体の減額はなく利息が免除されます。
〇個人再生・・・・・・裁判所が介入して、法律の規定に照らして債務者の借金を利息のみならず元本も含めて大幅に減額していきます。住宅ローン返済中の自宅を処分されることなく守ることができ住み続けられます。
〇自己破産・・・・・・裁判所が介入して、「免責」を認定されることによって借金は完全にチャラになります。

借金問題の解決させるためには、基本的には上記の3つの方法から、自分にもっとも合う方法を選択して実行していきます。

見ての通り「任意整理」と「個人再生」は、両方とも借金が減額されるだけなので、その後も返済していく必要があります。ただ、裁判所が介入してくるか否かの違いがあり、そして減額される金額に差があります。

債務整理をするにあたって、まず、することは利息制限法による再計算をしてみて、真に返済すべき借金額を明らかにします。

この金額を確定することによって、払い過ぎた利息がないか調べるのです。払い過ぎていたら過払い金が発生していたということで、その金額を元本への充当、または金額そのものの返還請求ができます。

(※つまり、貸金業者が提示する借金総額は必ずしも正しいとはかぎらないのです)

「任意整理」にせよ「個人再生」にせよ、利息制限法の再計算によって明らかになった【真に返済すべき借金額】がもとになります。

「任意整理」では、この金額をもとに当事者間の交渉でこれから返済していく金額は合意でもって決められます。合意された金額を分割でもって返済していくのです。

「個人再生」では、この金額をもとに、法律でもって減額金額が下記の如くランク分けされています。その当てハマった金額を分割でもって返済していくのです。

(1)借金総額100万円未満・・・・・・・・・・借金総額と同じ(減額はないということ)
(2)借金総額100万円以上 500万円以下・・・・100万円に減額
(3)借金総額500万円以上1500万円以下・・・・借金総額の5分の1に減額
(4)借金総額1500万円以上 3000万円以下・・・300万円に減額
(5)借金総額3000万円以上 5000万円以下・・・借金総額の10分の1に減額
※借金総額とは利息制限法の再計算した「真に返済すべき借金額」です。

以上、「自己破産」のほかに「任意整理」「個人再生」という方法が債務整理にはあることは知ってください。

だから、「到底返済できない」という多額の借金額があったとしても、決して「自己破産」だけが借金整理の道ではない、ということを理解してください。

そのためには、その道の専門家である弁護士や司法書士に隠し事なく打ち明けて、貴方に一番合った債務整理の方法を見つけてください。