借金苦に諦めるのではなく借金を整理する考えを持ってください!

「借金が膨らんでしょうがない!」「頑張っているんだけど、借金を完済できるめどが全然たたない!」

こういった借金問題で苦しんでいる人に対して、なにかいい解決方法はないのか?

今では「債務整理」という合法的に借金を整理する方法を知っている人たちがだんだんと増えてきていますが、まだ知らない人は相変わららず厳しい取り立てに戦々恐々している人も決して少なくはありません。

「債務整理」には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの方法があります。

「債務整理」について知らない人でも、「自己破産」というのは聞いたことがあるかもしれません。ただ、聞いことがあっても「負のイメージ」の印象かもしれません。財産はすべてとられてスッカラカンになるというイメージでしょうか?

そのイメージは正しくはないですが、それはともかく「自己破産」以外にも「任意整理」「個人再生」というやり方があるということを知ってください。

「任意整理」とは、これまでの遅延したことによって発生した利息と今後の発生するであろう利息が免除されることで、返済総額が減額されてよって月々の返済額を減額できます。一部の借金だけ選んで整理することが可能です。そして、場合によっては過払い金が発生し,既に支払ったお金が手元に戻ることもあります。裁判所が絡んでこないため気軽に行うことができます。

「個人再生」とは、もはや借金が返済困難で「自己破産」しか方法がないと思っても、裁判所が介入することで、法律でもって借金が一気におおおよそ5分の1から多くて10分の1までに減額されます。その減額された借金を3年~5年かけて分割で返済していく手続です(住宅ローンは除かれます)。

「自己破産」とは、債務整理の方法の中で、唯一借金をチャラにする方法です。手持ちの目ぼしい財産は取り上げられて借金の返済に充てられますが(決してスッカラカンになるわけではありません)、それでも借金完済には届かず借金が残ってしまっても、その借金は強制的にチャラになって返済する必要はなくなるのです。

今の法制度には、以上の借金苦に対する救済策が設けられているのです。このことをしっかりと知ってもらって、自分に合う方法をチョイスしてください。

「個人再生」のランク別の減額度合いは3つの「債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のうち貴方に合うのは?

を参照してください。

「債務整理」制度の本意

ところで、これらの制度は、借金を減額させたり、借金をチャラにさせたりするためだけの制度ではありません。

今の借金に返済のメドをつけたり、あるいはカタをつけて、新たな気持ちで人生を再スタートさせて前向きに生きてもらいたいというメッセージが含まれているのです。このことを決して忘れないでください。